パート社員の契約更新について

契約更新の重要性

パート社員の場合、一定の期間を定めて契約する場合と特に契約期間を定めない場合があると思います。その際の注意点を見てみましょう。

パート契約と更新

パート社員だからと言って、契約期間や更新に関することをあいまいなままにしておくと、トラブルの元となってしまいます。期間を定めて契約するときは、「契約更新の有無」「契約更新するかどうかを判断する基準」について、労働契約書に記載しておきましょう。

更新手続はお忘れなく

一定の契約期間を定めてパート社員を雇い入れている場合、更新手続もいいかげんになりがちです。契約更新手続がいいかげんにされていると、いざ契約を更新しない(雇止め)時に契約満了とならずに、解雇となってしまうことがあります。契約期間内に更新手続を行うようにしましょう。

契約更新を繰り返すときは

契約更新を3回以上し、又は1年を超えて引続き勤務させたパート社員に対し契約満了を理由に労働契約を終了しようとするときは、契約満了の30日前までに更新しない旨の予告をしましょう。
また契約の更新を繰り返すことにより、それが実態として「期間の定めのない契約」であると見なされることがあります。この場合には、解雇ルールが適用されます。

≫労務管理のツボに戻る

更新日:

Copyright© リンクス社労士事務所 , 2018 All Rights Reserved.