労働保険に加入する際の必要書類

新しく労働保険に加入する場合は、労働基準監督署で労災保険の手続きが終了後に、ハローワークで雇用保険の加入の手続きをします。

1.労災保険加入の手続きに必要な書類

  • 「労働保険関係成立届」
  • 「労働保険 概算保険料申告書」

2.労災保険の手続きに必要な添付書類

  • 法人事業の場合
    • 「法人(商業)登記簿謄本」(60日以内発行の原本)
  • 個人事業の場合
    • 「営業許可書」、「賃貸契約書」等の所在地を確認できるもの
  • 法人、個人事業所にかかわらず両方とも共通
    • 「賃貸契約書」、「不動産登記簿謄本」のコピー(事業所の所在地が登記と異なる場合)

3.雇用保険加入の手続きに必要な書類

  • 「雇用保険適用事業所設置届」
  • 「被保険者資格取得届」
    • 新しく雇用保険保険に加入する方について全員
    • 前職で雇用保険に加入していた場合は、雇用保険被保険者証が必要となります

4.雇用保険の手続きに必要な添付書類

  • 法人事業の場合
    • 「法人(商業)登記簿謄本」
    • 「給与支払事務所等の開設届出書」
    • 「営業許可証等」(許認可が必要な事業)
  • 個人事業の場合
    • 「事業主の住民票」
    • 「事業所の賃貸借契約書等」
    • 「給与支払事務所等の開設届出書」
    • 「営業許可証等」(許認可が必要な事業)
  • 許認可が必要な事業について
     医療、美容・理容業、飲食店、不動産などの事業は許認可証、法務業(士業等)については、事務所登録の確認ができるもの

5.従業員の加入確認に必要なもの

  • 出勤簿又はタイムカード(採用から現在まで)
  • 賃金台帳(採用月から直近の締め日まで)
  • 労働者名簿
  • 雇用契約書又は労働条件通知書
  • 雇用保険被保険者証

社会保険の手続きにかかる時間と手間を省くならこちら

更新日:

Copyright© リンクス社労士事務所 , 2018 All Rights Reserved.