転籍・出向・派遣はどう違うの?企業間の異動あれこれ

会社間の人事異動としては、転籍・出向・派遣があります。これらの異動には、どのような違いがあるのでしょうか。

派遣とは

派遣とは、労働者派遣法によって次のように定められた者を指します。

「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする」

簡単にいうと、会社と雇用関係にある社員を、他の会社の指示を受けて仕事をさせることを指し、派遣先との間には雇用関係はありません。

出向とは

一般的に、在籍出向ともいいます。

労働契約を結んで雇用された企業の社員として、他の企業の指揮命令に従って労務を提供するものです。出向の場合は、出向先の企業の従業員として出向先の労務管理を受けます。元の会社と労働契約がありながら、出向先の会社とも労働契約を結ぶという二重の労働関係があります。

転籍とは

一般的に、移籍出向ともいいます。

もともと労働契約を結んで雇用された企業としての立場を解消(退職)して、他の企業と労働契約を結ぶことによって、その会社の社員となります。

更新日:

Copyright© リンクス社労士事務所 , 2018 All Rights Reserved.